忍者ブログ
気の向くまま何かを書連ねる
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昼の地震のとき、夢見心地で結構揺れてるなぁと思いつつも
もう少し寝ようとしてたころに母親に「地震あったん知ってるかぁ」と
声をかけられたのといつものジェニーの顔舐めで起こされた。

起きてみると、部屋に見慣れんNECのPCが置いてあって
親父に聞くと、「お客さんから預かってきたんやけど
再セットアップ出来ひんからやっといてくれ」と頼まれた。


いつもなら嬉々としてやってる親父が珍しいなと思いつつも
「マニュアル類とリカバリCDは?」と聞くとリカバリ用データは
HDDに入ってるとのことでマニュアルだけ預かり部屋へ戻り

2,3時間もあれば終わるだろうと、早速モニタ類を繋いで
バックアップを取ろうと電源投入・・・・NECのロゴが出て
HDDから異音がするなぁ・・・やばいかなと思ってたら、
Windowsが正常に終了されませんでしたの画面・・・・
とりあえず、通常起動を選らんでエンター押してみると
再起動・・・・NECロゴ・・・・異常終了画面の繰り返し
セーフモードにしても立上がらず・・・OS自体が逝ってるもよう

データだけでも吸い出そうと分解しHDDだけ取り出し
自分のPCに繋ぎPC起動後マイコンピュータを開くと
74GBと未フォーマットの2つが新たに増えてた・・・・
安直に未フォーマットにリカバリ用データが入ってると思い込み
とりあえず74GBのほうを覗く・・・普通に開くしデータも見れる
たまにシーク音がおかしいのが気になるところだが、
起動時に見つからないと出たファイルもあるし・・・・・
断片化かなと思いデフラグしてデータ吸い出してHDDを元の本体へ

やっぱり最初と同じ状態・・・データも取ったしリカバリしようと
マニュアル通り操作してもリカバリのメニューがない・・・・・・
何回やっても出てこない・・・
以前どこかのサイトで、DOSモードからリカバリできたと載ってた
のを思い出したんで、試してみてもリカバリデータがない・・・・・・

預かった時の状況とかの詳細をもう1度、親父に聞いても、
「CDはなかった、使用状況とかはよくわからん」って追い返された。

そこで自分のPCからリカバリCDを作れないものかと無謀な挑戦
もう1度HDDを繋ぎ換えCD作成プログラムを探索するもインストール
されてないしお手上げ状態・・・・・

ここでシーク音が気になってたんで、HDDのエラーチェックを実行
ファイルエラー修復と不良セクタ回復の両方にチェックを入れ開始
待ち時間にマニュアル類を読んでたら、PCの仕様項目に購入時の
HDD容量74.5GB(C約67GB、D約2GB、残りリカバリ用データ)
と記載されてるのを発見!現在Cドライブ74.53GBでした・・・。

他のマニュアルも見てみると、
リカバリCD作成時HDD内のリカバリ用データは削除されます。
HDDからの再セットアップでは、容量を自由に変更できません。
ひとつのパーテーションで再セットアップするにはCDから行って下さい。
と載ってるではありませんか・・・・・orz

ディスク管理ツールで確認してもNEC用のHDDはパーテーション1つ
しかないし・・・・過去にリカバリCDで再セットアップされてるやん!

と、いうわけで・・・・・

今回はCDなしで再セットアップ出来ひんのを理解し意気消沈して
エラーチェック終わるのを未だに待ってたりします・・・・・

最初からちゃんとマニュアル読んでおけばよかった・・・・・・。
PR
この記事にコメントする
Name
Mail
URL
Title
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
admin | write
カレンダー
11<< 2017/12 >>01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お天気情報
ブログ内検索
最新コメント
[02/15 らいたー]
[02/06 らいたー]
[01/29 p-project]
[12/13 p-project (プロジェクト)]
[12/13 れんにゅう]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
すぱいらる
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/10/
自己紹介:
関西在住
メールフォーム
忍者ポイント
バーコード
Copyright(C)すぱいらるぶろぐ 【らくがき】・・All Right Reseved. Powered by NinjaBlog

忍者ブログ [PR]